率先避難者になろう

東日本大震災から丸10年 テレビでは特集番組が色々していて 大変勉強になる あの日 生と死の分かれ道は何だったのか そのような番組を見た たくさんの命が助かった地区の特徴は 地震が収まったらすぐに「津波から逃げる」行動をした人がいた 逃げる際、周りに「逃げろ」と声かけをしながら逃げた すると、それを聞いた人たちは逃げる行動に移した 連鎖でたくさんの人が助かったらしい 多くの命が犠牲になった地区は みんなで逃げるべきかどうするべきか相談したり迷ったり 周りが動かないと大丈夫かもと思ってしまったようだ またネットでこんな記事を見つけた 人間は異常事態に遭遇した時に 「こんなはずはない」これは正常なんだと自分を抑制しようとする心理状態と 自分以外に多数の人がいると、取りあえず周りに合わせようとする心理状態が 働く 非常事態時、人は避難するという意思決定ができない いざというときには、まず自分が率先して避難する その姿を見て、他の人も避難するようになり、結果的に多くの人を救うことが可能となる 人はいざというときになかなか「逃げる」という決断ができないそう

ベテランメンバーの集い

長年、木津運送の看板を背負ってお仕事して下さっているドライバーのみなさま お天気も良くいい写真が取れました~♬ 昨日、求人媒体(バイトル)に動画を掲載するため、木津運送でのお話を伺いました たくさんお話下さり、本当にありがとうございました! 私の印象は、 まず皆さん仲がいいです! こちらからお願いした場だったにも関わらず、和気あいあいととても楽しくお話して下さいました 「長い間、木津運送で働いているのはなぜですか?」 との問いに・・・・・ 「居心地がいい」 「自分らしく働ける」 「自分のペースで働ける」 「ミスした時でも会社がフォローしてくれる」 「年に数回、お祭りやバーベキューなど開催してくれて家族で楽しめる」 「社員同士でコミュニケーションをとって人間関係がいい」 「困ったときお願いしたらみんな快く返事をしてくれる」 「先輩や後輩の仕事ぶりを見ていい刺激を受けて頑張れる」 「奥さんが出産の時など急な休みも快く対応してくれる」 「教えてくれたり励ましてくれる人がいる」 などなど他にもたくさん! 物流という生活には欠かせないお仕事を担ってくださっ

ライフラインを守るために

昨日は、ある部署の品質チェックに行って参りました 木津運送の品質チェックとは👆 ドライバーの皆さんが安全に作業ができるように 食品の品質を落とさないように 決められたルールをしっかり守っているかをチェックします 私にとっては初めてのことで現場を見れて新鮮でした スーパーの商品はこうして運ばれているんだ! 当たり前のようにスーパーに並んでいる商品ですが 物流が止まってしまうと私たちの生活に支障きたします 裏方の仕事だけど絶対に必要な重要な仕事 改めてそう感じました 服装は、きちんと着用しているか タイヤ止めは正しく使用しているか 商品は動かないようにしっかり固定できているか などなど・・・・ チェック項目はたくさんあります ドライバーの皆さんの安全と無事故のため そしてその周辺にいる方やお客様の安全のため そして何よりライフラインを止めないため そのためには会社が努力して品質を向上させなければなりません ドライバーさんにとっては厳しいことかも知れませんが この細かいルールが何よりも重要な仕事だと確信しているドライバーがプロだと思います もちろんし