自分で考え

自分で動ける

営業一課 課長
西村 英二 Eiji Nishimura

運送業界のプロ集団

☛入社までの経緯を教えてください

私の父が木津運送で20年以上働いていて、

幼いころから父の姿を見て育ちました。

 

今はできないですけど、その頃は

父が車の横に私を乗せてくれたので

いつも横で父の仕事を見ていました。

 

そんな仕事をしている父がとてもかっこよく見えました。

 

なので、小さい頃から父の勤める

木津運送のトラックに乗りたい

という氣持ちが湧き上がっていました。

 

☛入社を決意した「決め手」は何でしたか?

実は、最初親からは

ドライバーになることを反対

されていました。

 

やはり仕事の大変さがわかって

の上だと思います。

 

そういったこともあり、学校卒業してから

2年間は違う仕事をしていました。

 

それでも、小さい頃から木津運送のトラックに

乗りたいという想いは捨てきれずにいたので

あるとき親に

 

「木津でトラックに乗りたいんや」

 

ということを伝えたところ、

 

「やったらええやないか」

 

と了解が出たので入社させていただきました。

☛現場に入って戸惑ったことや失敗したこと、大変だったことはありますか?

ドライバーの頃は指示される側だったので、

言われた仕事をこなすだけで、精神的には辛くなかったです。

 

しかし、管理者になり指示する側になり、同じドライバーだった

先輩たちにもいろいろと言われ、精神的にかなり辛かった時期がありました。

 

トラックは一人ですけど、配車は相手がいてのこと

なので、しんどかったです。

 

それでも仕事に慣れてきたら対等に

話しが出来るようになりました。

 

自分がやっていた頃を振返りながら、

どうやったら相手に気づいてもらえるか

 

この辺を重要視して対応していることが

ポイントだと思います。

 

ただ、押しつけと相手本位にしていくとは紙一重

ですので、今でも葛藤することはあります。

 

とにかく忘れてならないのは

謙虚にいくこと

なのだと思います。

☛どのような同僚、部下が多いですか?

明るく、責任感の強い人間が多いです。

 

なので、押しつけよりも気づいてもらえるように

アプローチをしていくことを心がけています。

 

最終的に自分で気づいて自分で力を付けていく

形ができるようにアプローチしていければ最高ですね。

☛部下育成についてどうお考えですか?

また、部下育成に際して喜びと苦労を教えてください。

まずは自分が率先して、面倒くさいことやしんどいことを経験し、

その経験を押し付けるのではなく、かみ砕いてから教えていきます。

 

その結果、

部下の方から「こうしたい、こうしようと思う」と提案があった時

に、相手の成長も自分の成長も感じ取ることができるので、

喜びを感じます。

 

「しんどい」ということはハードルが上がることなので、

まずは自分がやることでもっとわかりやすくし、少しでもハードルを下げる

 

自分自身は部下の2倍はしんどい思いをしないといけないといいます。

 

例えば掃除を1つとっても

率先して自分から掃除をし続けていると

あとから人がついてきました。

それに掃除することで見えることも多いので

いまでもやっています。

☛部下と接する上で意識していることは何ですか?

自分自身としては、上とか下とか無いので

自然体で同じ目線で接しています。

 

当然、最低限の礼儀(言葉遣い)は重要です。

 

どちらかというと

自分は(笑い7:仕事3)なので(笑

 

その3できっちり仕事が出来れば良いかと思います。

 

仕事は遊び(楽しさ)が無いと面白くないので、

トラックが戻ってきたら、

ドライバーとコミュニケーションを取ることで

相手も自分も楽しませてもらっています。

☛お客様と接する上で意識していることは何ですか?

どんな仕事も断らず、出来る限り対応します。

 

お客様は私たちを必要として頼ってきて

くださるわけですから。

 

社内にも評価はされたいですけど

それよりもお客様に評価されることを

重要視しています。

 

せっかくいただいたご縁なので、

精一杯応えていくことが使命

だと思います。

☛この会社に入ってから嬉しかったことは?

お客様に感謝の言葉を頂いた時

ですね。

 

あとは、新規業務に携わり、業務が軌道に乗った時です。

 

新規で取れた案件を担当することになって、

取り組んだのですが、まあ色々苦難もありました(汗

 

ただ苦難を乗り越えた分、軌道に乗ったときはとても嬉しかったです。

 

また、急な依頼でも対応した時に

「有難う」と言っていただけると嬉しいです。

 

急な依頼や問題は、常にチャンスだと捉えています。

☛働き始めて、私生活にも変化がありましたか?

車の運転が今まで以上に慎重になりました。

 

特に管理者になってからはより慎重になりました。

 

見られているという立場はもちろんですが、

事故後対応の大変さや抱える痛みなどを

嫌というほど見てきたので。

 

今は心で

「自分の子どもをはねたらどうなの?」

といつも問いかけて運転するように

なってからはより慎重です。

☛休日はどんな風に過ごしていますか?

13歳と6歳の子がいて、子供と公園で遊んだり、

家族で買い物に行ったりしています。

 

ただ私は仕事が好きなので

仕事をしているときの方が落ち着くかも知れません(笑

☛目標や将来の夢などはありますか?

個人的にですが

世間的には、ドライバーという職種が見下されていると感じています。

 

こんなことを以前に言われました。

 

クレームが入ってしまったときに

「ドライバーはアホばっかりだ!」

といわれて、とても悔しい氣持ちになりました。

 

私は、

運送業はとても素晴らしい業界

だと信じています。

 

運んでくれる人がいるから、我々の衣食住が成り立っている。

 

そういったこともあるので

ドライバーの重要さを運送業以外の一般の方々に

理解してもらえる活動をしていきたいです。

 

そのための一歩として

ドライバーの質をもっと上げるために

教育により力をいれていきたいです。

☛あなたにとって今の会社は、どんな会社ですか?

自分で考え自分で動くことを認めてくてる風土です。

 

その分、責任も増しますが、これをプラスと捉えられる

人が当社の風土に合うのではないかと思います。

☛新しく入ってくる人にアドバイスを

ドライバーは本当に良い仕事だと私は思っています。

運送業界の地位を上げるためにぜひ力を貸していただきたいです。

 

また、木津運送の従業員に私は自信を持っています。

みんな明るくて前向きで素晴らしい方ばかりです

 

そんな

木津運送がプロの運送会社といわれる

ように、業務にあたっていきます。

Tel: 06-4702-1100 

Fax:06-4702-1114

© Copyright KIZU TRANSPORT Co.Ltd.All rights reserved.